情報は力ではない

VimとかC++とかCUDAとか。

ハル研究所プログラミングコンテスト2015

一昨年のハル研プロコン2014に引き続き、去年もハル研プロコンに参加しました。
ハル研究所 プログラミングコンテスト2015 | TOP

今年の問題は宅配便でした。
問題の雰囲気は、車両配送問題(Vehicle Routing Problem, VRP)っぽい感じです。

開催されてからすぐに最適解らしいスコアが上位に現れ、そのスコアの人が上位に連なり、最終的には上位10人が同じスコアになり、1秒未満の戦いが上位で繰り広げられていました。
自分はそんな上には行けませんでした。うーん、悔しい。

自分は普段からコンテストに出ているような人ではないので、いろいろな解法を試してみようと思いながらちょくちょく回答を書いていました。

とかを実装してました。
動的計画法ではなぜかスコアが伸びなかったので(おそらく実装力のなさが原因)、最終的にはビームサーチに頼ってました。
評価関数どうするかがわからなくて結局スコア伸びなかったのですが。

今年度で学生が終わるのでハル研プロコンに出れるのが今回で最後。
今回のプロコンは最適解を出せて初めてスタートラインに立つようなものなので、最後のプロコンでスタートラインに立てなかったのは悔しさが残ります。
でもハル研プロコンに参加して、自分の雑魚さがよくわかったので良かったかなと思います。何より楽しかった。
ハル研プロコン実行委員会の皆さま、楽しいひと時をありがとうございました。


最終的な結果は1月29日に出るようです。